秋冬野菜

茎ブロッコリーの収穫

更新日:

本日の作業は、

●作付けされていた茎ブロッコリーの収穫
●玉ねぎとにんにくの追肥
●人参の土作り

の3工程。まずは茎ブロッコリーの収穫から始めていきます。

茎ブロッコリーの収穫

今回お借りした畑の一部には、すでに作付けされてある野菜もありました。そのうちの一つが茎ブロッコリー。昨年の夏過ぎに作付けされたもので、収穫の時期がきていたようです。

IMG_7900

ネットの右側が茎ブロッコリーです。左側は玉ねぎとにんにくですね。ネットを外して、茎ブロッコリーの花蕾の部分を収穫していきます。


IMG_7904

葉っぱは苦いので取っておいた方が美味しく食べられるよ」という事なので、花蕾の部分だけいただきます。


IMG_7907

一株でしたが、これだけでも相当量を収穫する事ができました。どんなレシピでいただこうか、そんな事を考えるだけでも楽しいですね。

茎ブロッコリーの栄養価

茎ブロッコリーはあまり馴染みがない野菜かもしれませんが、調べてみると野菜作り初心者向けの野菜です。

別名スティックセニョール。

一年を通して収穫できる野菜ですが、特に10月〜3月が旬のようです。


茎ブロッコリーは栄養価が高く、

●ビタミンC
●ビタミンB1
●ビタミンB2
●ビタミンK(カルシウムの吸収を助ける)
●葉酸
●β-カロテン
●カルシウム
●カリウム
●鉄分
●食物繊維

などを含んでいます。

ブロッコリーと同じようにビタミンCを豊富に含んでいますが、ビタミンCは水溶性のため茹でると茹で汁に溶け出してしまいます。ビタミンCを逃がさないためには、蒸したりするのもいいですね。


また、茎ブロッコリーに含まれる栄養素で見逃せないのがスルフォラファン。解毒作用や抗酸化作用があるファイトケミカルの一種です。スルフォラファンに関してはこちらをご覧いただくのがわかりやすいです。

http://www.murakamifarm.com/about/functional/sulforaphane/

なんと、この時期に悩む花粉症を抑制する効果があるという事ですから、これは積極的に食べておきたいですね!

茎ブロッコリーを収穫した後は

茎ブロッコリーを収穫したあとは、根っこも全て引っこ抜いて畑を休ませます。次に植える人参のための土作りです。

これに関しては次回。

茎ブロッコリーの食べ方を調べていると、さっと茹でてマヨネーズやごま油と食べるのが美味しいみたいですね。シンプルだからこそ、味がしっかりと伝わってきそうです!

-秋冬野菜
-, , ,

Copyright© アラフォー親父のモノづくり×野菜づくり×身体づくり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.