おばけキュウリの浅漬け

仕事が忙しかったため、一週間畑に行けなかったら
キュウリがとんでもないことになっていました。。

さすがに大きくなりすぎると皮が固くなって大味になってしまったので、
皮を向いて冬瓜のようにアンをかけていただきました。


なかなかここまで大きくなったキュウリを見ることがないものですが、
いつの間にかスーパーでは見ないであろうサイズまで成長している
ことがあります。

今回は料理というほどでもないのですが、
浅漬けにしてみました。

準備

今回のキュウリはこちらの下のサイズ。通常サイズの二倍ほどですね。

インパクトとしては先ほどのものには劣るものの、
これだけでもなかなかのサイズです。

このサイズが二本と通常サイズが二本収穫できたので、
一本を浅漬けにしておきます。

浅漬けの作り方

ピーラーで皮をむいて、キュウリを輪切りにしていきます。


小さめのビニール袋にキュウリと浅漬けの素大さじ1を入れます。

浅漬けの素は入れすぎると辛くなってしまいます。
キュウリから水分が出てくるので、少なめの方が美味しいです。


これで一晩寝かせれば完成です。

作り方というほど大それたものではないですが。。


採れすぎた野菜をどのように保存していくかも畑をしていると
考えていかないといけませんね。

ちなみにピーマンの収穫量もすごいことになっています。
ナスとトマトも採れ始めました。

夏野菜は食卓が華やかになるので、
しっかりと調理していただきたいと思います。

浅漬けの素が一本あるだけで、ご飯のお供が増えますね。

味も濃くならず重宝しています。