空いた時間を利用して無農薬・有機肥料栽培の野菜作りを始めました。趣味のDIYやトレーニングと合わせて頑張ってみます。

アラフォー親父のモノづくり×野菜づくり×身体づくり

春夏野菜

インゲンとキュウリの土づくり

投稿日:

前回はナス、トマト、ピーマンといったナス科野菜の土づくりを行いましたが、
今回はインゲン、キュウリの土づくり。

ナス科の野菜は根を深く張るため溝施肥という方法で肥料を入れるのに対し、
インゲンやキュウリは堆肥や肥料をクワで一緒に耕します。

同じ夏野菜でも肥料のあげ方に違いがあるなんて思いませんでした。

土づくりの準備

いきなり土を耕す前にまずは準備からスタートですね。

畝(ウネ)の大きさ

今回の畝の大きさは60cm×120cmです。

これに合わせて肥料の分量も決まっているので、
畝の大きさはしっかりと守る必要があります。

肥料の分量

今回使用する肥料は以下の通りです。

牛糞:ひしゃく2.5杯
鶏糞:100cc
油かす:100cc

これをよく混ぜ合わせておきます。

土づくりの手順

要領としては前回より簡単です。

土と一緒に混ぜ合わせることができるので。

土を耕す

まずは土が固くなってゴロゴロした塊があるので、
土だけを耕していきます。

石や黒マルチの残骸が出てきたら、できる限り排除をして
柔らかい土の状態にしておきます。

塊はしっかりとほぐします。

肥料を入れる

畝の場所に目印をつけておいてから、
肥料を入れて全体を耕します。

どこまでを畝にするかわからないと、
必要ないところに肥料がいってしまいますからね。

畝を作る

全体的に耕すことができたら、
ならし板を使って形を整えます。

畝の高さは10cmほどにして
ボコボコにならないように平らにしておきます。

畝を作るのは二回目なので
だいぶ慣れたように感じます。

黒マルチを張る

黒マルチも前回やっているので、
スムーズに行うことができたと思います。

端をしっかりと踏んで土を固めることで
マルチがヒラヒラしないようになります。

最後に水をかけることで
土を固めることができます。

用具の片付け

当たり前のことではありますが、
終わったら使った用具を洗って
元の位置に戻します。

土がついたままにしておくと
サビの原因になってしまいますから。

スポーツでもなんでもそうですが、
道具を大事にすることは基本です。


土づくりもだいぶ慣れてきたのか、
今回はだいぶスムーズに進めることができました。

こちらは一週間ほど熟成させてから、
インゲンときゅうりを植えていく予定です。

-春夏野菜
-, ,

Copyright© アラフォー親父のモノづくり×野菜づくり×身体づくり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.